リザルトダイレクトのピックアップ機能

「TOTAL通販」を実現するための充実の機能。リザルトダイレクトならここまでできる。マーケティングはもちろん、CPM分析やカスタマーセンターまでサポート。

マーケティング分析

機能カテゴリー選択に戻る

媒体管理機能

新聞/雑誌/チラシ等の各広告媒体からの電話/ハガキ/FAX等リアルな受注を、メディアコードやクリエィティブコードによる媒体登録も判別。これにより、さまざまな角度から販促の分析が可能です。
さらにキャンペーンコードも組み合わせての多角的分析が可能です。

※ECシステムとの連動があれば、WEB媒体からのEC受注に関しても分析が可能です。

イメージ:媒体管理機能の画面

このカテゴリーの機能一覧に戻る

正確な販促分析

下記のような、販促分析が日々リアルタイム(1日1回のバッチ処理)に閲覧することができます。
TV/新聞/雑誌/ラジオ/チラシ/同封など、さまざまな販促の結果が、新規/リピート/生涯購入金額/ROIなどの指標にて一目で確認できることで、正確な判断ができ、今後の販促計画/実施への指標となります!

※ECシステムとの連動があれば、WEB販促の計測も可能です。

イメージ:正確な販促分析の画面

このカテゴリーの機能一覧に戻る

媒体効果測定

メディア別・クリエイティブ別など、さまざまな角度から、初回売上/リピート/定期率/引上げ率から生涯金額によるその媒体のROIまでが一目で確認でき、現在の販促の見直しや今後の販促計画に最も役立つ集計/分析機能です。

イメージ:媒体効果測定の画面

このカテゴリーの機能一覧に戻る

伝票単位集計(単一分析)
イメージ:伝票単位集計(単一分析)の画面

このカテゴリーの機能一覧に戻る

明細単位集計(マルチ分析)

各商品の売上に占める全体の割合を集計したり、年代/曜日/都道府県/商品/性別/職業など、最大3項目をクロス集計することが可能です。

イメージ:明細単位集計(マルチ分析)の画面

このカテゴリーの機能一覧に戻る

アトリビューション分析(1)

アトリビューション分析とは、広告に接触したユーザーがコンバージョンに至るまでのアクション(広告閲覧、クリック、購入etc)履歴データを解析して「アトリビューション=起因・帰属」を分析する、「広告効果=広告貢献度」の考え方を根底から覆す分析手法です。

現在の広告効果検証の主流は、最終クリック(コンバージョンの直前にクリックされた広告)を評価するものです。この評価方式だと、リスティング広告や自然検索が最終クリックとなることが圧倒的に多くなります。
しかし、下記の図のように、そのユーザーが「検索をする」もしくは「コンバージョンする」という行動にいたったのは、それまでのバナーやブログ、Facebookなどの広告があったからなのです。

このように、最終クリックにつながる貢献=起因・帰属を分析することで、本当の広告効果を検証することが可能になります。

イメージ:アトリビューション分析(1)の画面

このカテゴリーの機能一覧に戻る

アトリビューション分析(2)

一般的なCPA(コストパーアカウント)とは、その広告にかけた費用(広告費用・制作費用等)をその広告から獲得したユーザー数で割ったものを言います。
ただし、この“獲得した”という表現が重要で、通常は直接効果(最終クリックコンバージョン)、「リスティング広告」のみが対象となります。

リザルトダイレクトでは、ACPA(アトリビューションCPA)という考えの元、直接効果ではないが、最終クリックが自然検索もしくはブックマーク等の広告費がかかっていない場合のみ、その直前の間接効果も直接広告効果に近いものとしております。
この分析により、その広告の本当の広告効果=ACPAを数値化することが可能なのです。

イメージ:アトリビューション分析(2)の画面

このカテゴリーの機能一覧に戻る

アトリビューション分析(3)
イメージ:アトリビューション分析(3)の画面
直接効果(最終クリック)の高い媒体・・・「D」「E」
通常の広告効果検証では、ここまでしか調査ができません。
間接効果全体(TCPA)の高い媒体・・・「C」「G」
直接効果だけでなく、間接効果(他の広告へのアシスト)が平均的に高い広告となります。
流入元(初回imp/クリック)の高い媒体・・・「B」「H」
ユーザーに対して最初に貴社へ接触(imp/クリック)をさせている広告となります。
直接効果+ほぼ直接効果に近い(ACPA)の高い媒体・・・「A」「F」
広告費に対し、きっちりと貢献している広告となります。
検索貢献(リスティングや自然流入へのアシスト)の高い媒体・・・「A」「F」
ユーザーにリスティングや自然検索させ購入へとつなげる貢献をしている広告となります。

このカテゴリーの機能一覧に戻る

機能一覧PDFダウンロード

CPM分析

機能カテゴリー選択に戻る

顧客ランク設定とフォロープログラム

通常のRFM分析に対応した5段階の購入回数/購入金額/在籍日数によるRFM分析に対応した顧客ランクはもちろんのこと、離脱期間を追加した10段階のまでのランク設定で、より細やかな分析や顧客ランク別のフォロープログラムを実施することが可能です。

イメージ:顧客ランク設定とフォロープログラムの画面

このカテゴリーの機能一覧に戻る

既存顧客の情報/状況の分析

電話、FAX、ハガキなど、リアル受注を一括管理することが可能となり、既存客の初回受注日/最終受注日/受注回数/受注金額よりマッピングを行います。
さらに、上記を元にした顧客ランクを設定し、貴社の既存客が現在どのような状況にあり、今後既存客のどこにフォロープログラムを実施すべきかの指標となります。

WEBとの完全連動で、EC受注も一括管理が可能です。

イメージ:既存顧客の情報/状況の分析の画面

このカテゴリーの機能一覧に戻る

機能一覧PDFダウンロード

カスタマーセンター

機能カテゴリー選択に戻る

コールセンター

基本的な応対業務や顧客管理/基幹システムはすべて網羅。
完全なWEB連動での個人履歴情報も追う事が気でOne TO Oneマーケティングを実現します。

イメージ:コールセンターの画面

このカテゴリーの機能一覧に戻る

顧客履歴一現管理

完全なWEB連動での個人履歴情報も追う事が気でOne TO Oneマーケティングを実現。お問い合わせからキャンペーンまで顧客との関係を一元管理できます。
アウトバンドにも役立ちます。

イメージ:顧客履歴一現管理の画面

このカテゴリーの機能一覧に戻る

機能一覧PDFダウンロード

その他の機能

機能カテゴリー選択に戻る

キャンペーン/ポイント設定

顧客ランク別のポイント%変動や、値引き、特別プレゼント対応など、さまざまなキャンペーン機能が搭載されています。

また、各キャンペーンにはキャンペーンコードを付与し、JOYBI(分析機能)にてキャンペーン別の売上/販促集計が可能です。

イメージ:キャンペーン/ポイント設定の画面

このカテゴリーの機能一覧に戻る

定期/頒布会販売と自動受注機能

定期便のお届けサイクルの自在に対応可能です。
もちろん初回移行の定期受注は自動受注。クレジットによる自動引き落とし機能も使用いただけます。

さらに、頒布会のセット組や商品毎のフォローメールも設定が可能です。
商品に合わせたさまざまな登録が可能で、定期便と同様の自動受注、クレジットの自動引き落とし機能も使用いただけます。

イメージ:定期/頒布会販売と自動受注機能の画面

このカテゴリーの機能一覧に戻る

機能一覧PDFダウンロード
このページの先頭に戻る